魅力のメーカー

ハウスメーカーは多数存在しますが、その中でも、知名度が高いのがパナホームです。パナホームは、自社製の機器を使用していることが多いので、パナソニックを日々愛用している人にとっては馴染み深いメーカーです。

Read more...

ローン返済の滞り

家を購入する時には、住宅ローンを組むのが一般的です。その住宅ローンの返済が支払えなくなったら、借入先の金融機関から督促状が届くようになっています。最終的には、競売にかけられてしまいます。

Read more...

競売を回避

一度住宅が競売にかけられてしまうと、止めることができなくなってしまうので、それを回避する必要があります。返済が難しいと感じたら、なるべく早く任意売却を考えていく必要があります。

Read more...

市場価格より低い

住宅ローンが返済できなくなった場合、選択肢は2つあります。競売か任意売却です。返済を放置していた場合は、自動的に競売にかけられてしまいます。しかし、競売は市場価格より低い価格なので損してしまいます。

Read more...

諸費用を細かく確認

不動産を売る場合は、様々なことに気をつける必要があります。不動産の取引は、大きなお金が動くことになるので、慎重に行なわないと大きなトラブルに繋がってしまいます。それを避けるためには、知識をもって行動する必要があります。スムーズに不動産売却を進めていくためには、売却をするにあたってかかる費用、物件の権利などを確認しておいた方が良いです。不動産売却をすることで、売却した分のお金が入ってくると思っている人も多いですが、それは間違っています。その理由は、売却する際には、諸費用がかかるからです。また、住宅ローンの残債がある場合は、その返済資金として売却価格から引かれることになります。そのため、最終的に手元に残る資金は、売却価格から、諸費用やローン残債が惹かれた分の価格なのです。では、どのような費用がかかるのかというと、不動産会社に仲介を依頼した場合に必要な仲介手数料、住宅ローン残債があり、抵当権が設定されている時に支払う抵当権抹消費用などがあります。その他にも、不動産売買契約書の印紙税や、建物解体費用など様々あります。諸費用を細かく把握しておくと、売却価格を決める情報としても役に立ちます。

不動産を売る時に確認しておきたいのが、物件の権利関係です。権利と言っても、色々あり、所有権、借地権、区分所有権などがあります。このような権利を調べる場合は、法務局の登記記録を利用します。所有権を調べる場合は、登記記録の甲区を確認して、所有権以外の権利を調べる時は乙区を確認しましょう。権利によっては、不動産売却する際に、債権者と調整が必要な場合もあります。ですから、不動産を売る前に事前に確認、整理をしておくことは必要不可欠です。